タグ:No Man's Land ( 5 ) タグの人気記事

日にちを追って順繰りに更新しようと思うから、ついつい先延ばしになっちゃうんだよね、ということで、No Man's Landの最後のネタも今日中に投下です(笑)

ま、実はこれ以外にネタがあったりするので、とっととこれを終わらせておきたい、というのが正直なところだったりするんですが(笑)

最後のモノ編です。7枚どーぞー。
c0071763_19424483.jpg

c0071763_19425668.jpg

c0071763_1943536.jpg

c0071763_19431595.jpg

c0071763_19432620.jpg

c0071763_19433679.jpg

c0071763_19434682.jpg

ってな感じで。

1枚目は一番最初のNo Man's Landネタにもチラッと書きましたが、Peugeot 207ccでございます。ええ、オブジェとか1/1模型ではなく、実車です。よーく見ると分かりますが、このピンクのラインは「塗っちゃって」ます。PSAグループは協賛してるわけですが、それにしたって299万からするクルマをこうしちゃってるワケでして。

2枚目はおそらくフランス大使館の移転に伴って、不要になった什器類の数々を作品に仕立てたものと推測されます。ええ、コレは「ゴミの山」ではなく、作品です。

3枚目はとにかくデカいハイヒール。たぶん、サイズは120cmくらいあると思われるので、計算するに7m60cmくらいの女性にピッタリなサイズだと思われます(笑)

4枚目は焼き物のバッグ。498万円とかいうタイトルが付いていたような(笑)

5枚目はワタクシの愛車「ルノー ルーテシア」と日産の車をちっこくしててんこ盛りにしたオブジェ。ちなみにルノーは協賛していません。元国営企業のクセに(笑)

6枚目はワタクシ好みのちっちゃい動物多数。コレをまとめて並べて作品、というのは考えつきそうで考えつかないものです。

最後は窓からはみ出たガラクタ、ではなく、作品です。こういうのがコンテンポラリーアート、っていう感じでしょうかね。理解しようとしたって理解できないですから(笑)

という感じで、100枚以上切っちゃったが故にズルズルと引っ張っちゃったこのシリーズですが、コレでやっと終了です(笑)
行ってから1週間以上経過しちゃって、かなりいただけない状況ですが、やると言っちゃった手前、最後まで載せちゃいます(笑)

ということで、No Man's Landの「部屋」編です。
とりあえず6枚どーぞー。
c0071763_9355084.jpg

c0071763_936186.jpg

c0071763_9361331.jpg

c0071763_936328.jpg

c0071763_9364421.jpg

c0071763_9371058.jpg

ってな感じで。

1枚目はビデオインスタレーションですが、一部屋丸々使って作品を形成している中にビデオインスタレーションが流れている、という趣向でした。何でコレが、という話ですが、ひっじょーにエロかった(笑)。別に直接エロな行為をしているわけじゃないんですが、エロかった。それが印象深くて(笑)

2枚目、3枚目はクルマ。というか上がシトロエンで下がプジョー。このイベントにPSAグループが協賛しておりまして、それぞれ一部屋ずつ展示をあてがわれたんでしょう。ま、最近のクルマはともかく、特にシトロエンは「芸術的」なデザインのクルマを数多く世に送り出したので、コレはありかな、と。

4枚目は説明不能。見た通り、階段に電源ケーブルをブラブラさせてるだけのもの。5枚目はおそらく元は流しかなんかだったんでしょう。土粘土で塗り固められておりました。

6枚目は1枚目と趣向が似ているんですが、こちらは一時大人気だったHiromixの作品。最近はトンと名前を聞かなくなりましたが、何をしてるんでしょうね。ちなみにこの部屋、ワタクシ以外にも何人かが入り口まで来ていたんですが、中にカップルがいて(写真に写ってますね)、ビデオインスタレーションを観ながらまったりしていたので、入りづらくて通り過ぎた、というところで、具体的に作品がどんなのなのか、さっぱり分からなかったりします(笑)

ということで、あともう一度「モノ編」を上げて終了にします。
あともうちょっとだけお付き合いくださいまし。
ズルズルと日にちが経っていき、気づけば1週間経とうとしてますが(笑)

とりあえず、月曜日に上げたNo Man's Landの「壁編」その2です。
5枚どーぞー。
c0071763_373643.jpg

c0071763_374865.jpg

c0071763_38226.jpg

c0071763_381418.jpg

c0071763_382425.jpg

ってな感じで。

2枚目と5枚目は最初に上げたウォールペインティングの類かも知れません。ちなみに5枚目は正確に言うとNo Man's Landではなく、併せて開催されていた別の展覧会の一部です。その1に入っている何枚かもそちらの展覧会に展示されていたものです。

そうですねぇ、1枚目のドラゴンボールもどきや3枚目、4枚目とそれぞれフロアで廊下のペインティングが全然違うんですよね。どんだけ凝った演出してるんだ、って話ですが、特に3枚目はペイントどころか、プロジェクターを並べて動画を投影してたわけで。力の入り具合がよく分かると思います。

……って、その1に比べると面白みには欠けるかも、ですね(笑)

で、まだまだ続きます。あとは部屋を使って展示していたいくつかを1回か2回か上げて終わろうか、と。ムダに枚数多く撮っちゃったかも、です(笑)
ってことで、1日空いちゃいましたが、No Man's Landへ行ってきた話の続きです。

改めて整理すると、かなり膨大な数の写真を撮っていて、かつ見直すと面白い、と思うものから、何でこんなん撮ったんやろ、的なものまでいろいろあったりして、チョイスに難儀しちゃいました。

ってことで、特に共通項が見いだせなかった分、アバウトですが好みのモノをテキトーにチョイスして載せることにしました(笑)

で、前回は「壁画」でしたが、今回も似たような壁画と壁を飾っていたもろもろを二度に分けて載せます。まずは一回目6枚どーぞー。
c0071763_0582242.jpg

c0071763_0583652.jpg

c0071763_0584956.jpg

c0071763_059171.jpg

c0071763_0591841.jpg

c0071763_0592790.jpg

ってな感じで。

1枚目はかなりイカしてると思うのです。よりによってこんな落書きチックな絵面に「塩辛」だの「梅干し」だのって(笑)。誰が描いたのか(確か作品ではなかったような気がする)不明ですが、いろんな意味でハイセンスです(笑)

2枚目はまぁ、フツーに作品。ちっこいのを窓枠にハメて展示しちゃうあたり、なかなか好みです。

3枚目はインパクトオンリーですかね。ネオン管で「鼻血」とやっちゃうあたり、外人さんが大好きな漢字Tシャツのセンスと相通じるところがあると思うわけです。なぜに鼻血なのか、と。小一時間問い詰めてみたい(笑)

4枚目はフツーにコンテンポラリーアートのセンス。ちゃんと見ていませんが、歴代大使の写真をコラージュしたブツみたいです。こういうのもなかなか良いセンスですね。

5枚目と6枚目は外人さんの漢字Tシャツと真逆のセンスですね。日本画のタッチで外人さんを描いた掛け軸を作ったらどうなるか、というブツ。ジャン・レノもサルコジくんもいい感じです。あとジダンと女優さんの計4枚展示されていました。無論、作ったのは日本人です。

って感じで、無意味に外人センスの日本観を強調した「壁画」シリーズに比べると、結構まともな感じだと思うんですが、どうでしょう?

そして、壁編続きます。
ということで、いつもの「行ってきた」話ですが、今回は「No Man's Land」と銘打たれた美術展に行ってきました。

正確にはコレを美術展と言っていいのかどうか、ちと迷うところですが。

広尾にあるフランス大使館が移転するということで、取り壊しの決まった旧大使館を使ってコンテンポラリーアートを「これでもかっ」と展示しているという、一風変わった展覧会です。

そもそも、中に入れば分かるんですが、これを「展示」と呼んでいいのかどうか、ってくらい大胆にやっちゃってます。

ちなみに今週の日曜日、実は大使館までわざわざ行ってはみたものの、どこでどう評判になっていたのか、もんのすごい大行列ができてまして、15秒くらい考えた後、あっさり諦めて帰ってきた、という経緯があったりします。今回は終夜残業明けのお休みということで、ド平日の真っ昼間にリベンジ、と相成りました。おまけに天気も悪かったせいか、人はそこそこいましたが、すんなり中に入れました。

で、前置き長いんですが、今回は珍しく100枚近く切ってたりするので、当然何回かに分けてここで紹介していくんですが、それでも全部は載せきれない(載せる意味もないですが・笑)んで、ピンポイントにネタをまとめて紹介していきます。

最初は「壁画」から。横文字で言うなら「ウォールペインティング」って話ですかね(笑)
ちんまり4枚どーぞー。
c0071763_2295261.jpg

c0071763_23046.jpg

c0071763_2301319.jpg

c0071763_230231.jpg

ってな感じで。

旧大使館の中は、それこそ壁という壁がいろいろ塗りたくられ、貼り付けられしてたりするんですが、中でもワタクシ的に目を引いたのがこの4つ。

西洋人から見ると、東洋の人って相変わらずこうなんですかね?(笑)
どいつもこいつも実にインチキ臭い絵面になっております(笑)。3枚目の「合気道」とか、まったく意味不明(笑)。海の向こうで流行っている意味不明の漢字Tシャツと似たようなもんでしょうかね(笑)

とは言え、そこはかとなくハイセンスに感じるのはおフランスの力でしょう。

今回はここまで。
まだまだ続きます。