放火されてから本当に逃げる間もなく、アッという間に火に巻かれてしまったんでしょうね。それほどにガソリンを使った放火がすさまじい威力だったってことでしょうか。

34人中27人が焼死しているっていうことなので、普通の火事とはまったく違う様相ですよね。正直なところ、地獄の苦しみを味わって亡くなった方が大半だったってことでしょう。

事件そのものは徐々に落ち着きつつありますが、34人も犠牲になった京アニの再建の道は本当に険しいものだと思います。果たして、予定されていた劇場版アニメやテレビアニメをどこまでクオリティを落とさず予定通りに公開することができるのか。あるいは全部の予定が白紙になる可能性だってあるわけで、会社が立ちゆかなくなる可能性もゼロじゃない。

ってことを犯人は知らないんでしょうね。パクリやがってとか妄想で犯行に及んだ畜生ですから。

改めて犠牲になった方々のご冥福をお祈りいたします。


さも副作用がきつい印象を与えますが、この記事を全部読むとまぁロキソニンに限らず鎮痛剤には似たり寄ったりの副作用があるって話なのがわかります。

特に消化器系の副作用はどの鎮痛剤を飲んでも共通して現れることが少なからずあるので、漢方を除けば必ず食後に飲むように指示されているはずです。空腹時に服用すると胃の粘膜がやられちゃうので、最低限胃の中に何か入れておく必要があるようです。

むしろ個人的に気になるのは、副作用よりもジェネリックと本物の効き目の違いですかね。

ジェネリックって基本的には薬効成分が本物とまったく同様で、薬価の高い本物より安く作れるので、処方箋でロキソニンを指定された場合は、本人が「絶対ロキソニンじゃないとダメ」って言わない限りは大抵ジェネリックに置き換わっちゃいます。お上のお達しでも、医療費の削減のためにジェネリックを使うことを推奨してたりするので、余計にその傾向が高いです。

で、ジェネリックは本物と同じ薬効があるから置き換える、っていうのが基本姿勢なんですけど、ことロキソニンとか処方箋薬の鎮痛剤は本物とジェネリックで効きが違ったりします。やっぱり本物の方が効きがいいと感じることが少なくありません。本物なら10の痛みを0まで取ってくれるんですが、ジェネリックだとたまに6とか7くらいまでしか取ってくれなくて、効きが悪いと感じるわけです。これはいろんな意見があって、薬効成分は同じなんだけど、錠剤にする上で混ぜ物をしているその混ぜ物が違うんで、効きに影響が出るって話もあれば、ただの都市伝説っていう話もあります。

ま、いずれにせよ個人的にはそんな違いも感じたりはするので、できれば鎮痛剤に関しては本物を服用したいなと思う派です。


もう古いものになってしまっており、この時間帯なら議席はすべて確定していると思いますが、とりあえず。

やっぱりというか何というか、自民党の改選過半数は確保したようですね。ただ、それでも議席そのものは減らしているようで、一番痛手なのは、参院で改憲発議に必要な全体の2/3を確保できなくなったことですか。

個人的には、最終的にやっぱり自民党が勝ったとしても、この改憲発議に必要な参院全体の2/3を確保できなくなったことってすごく大きいんですよね。これで改憲がどうこうと騒いで、改憲したい自民党に歯止めがかかったことになりますからね。この先、向こう3年間は改憲の発議を国会ですることができなくなったので、いくら問題提起しようが絵に描いた餅になってくれるわけです。

民主党が分裂したときからダメダメだった野党は、やっぱりこの選挙でもダメダメだったようで、野党統一候補も健闘したようですが、1人区では前回よりさらに自民党に負ける始末で、国民から信用されていないのが浮き彫りになっていますね。強力な野党がいなくなって、勝手に野党同士で潰し合いをしていう格好になっているのが見え見えなんですよね。立憲民主党は今回も頑張ったようですが、大勢を変えるほどではなかったようです。

自民党がどれだけダメになろうとも、そのタメになった自民党よりもっと野党の方が国民にはダメと映っているわけで、これは何とかしないといけないと思うんですけどね。

ほぼ地元民みたいなワタクシにとっては、今さら江ノ島って感がなきにしもあらずなんですが、まぁとにかく行ってきたわけです。ちなみにこのカテゴリーに投稿するのって7年とか8年ぶりで、今でこそ神社とかにはちょいちょい足を運んで参拝しているんですが、パワースポットってわけでもなく、マイナーな神社ばかりなので記事にしてこなかった、って経緯があります。

なにゆえ江ノ島かというと、今受講しているとあるセミナーのイベントみたいなもので、まぁ日々の生活の疲れを癒してあげましょう、というような趣旨の元ここへ来ることになったんです。ワタクシ的には江島神社って別にパワースポットってわけではないという認識でいたんですが、講師曰く「もんのすごいパワースポットで、女子が行けば美人になれるし、お金が欲しい人が行けばお金が入ってくる」みたいな至れり尽くせりな神社だそうで。

とりあえず写真を。
c0071763_00563830.jpg
ここが江ノ島へ上陸して最初にある鳥居ですね。ここから緩い坂を登って神社に入っていきます。
c0071763_00565526.jpg
実質的にここが江島神社の真の入り口。ここから階段をえっちらおっちら登って本殿に行くわけですが、一応上りのみエスカレーター的な何かが有料で使えたりします。この辺はどうということもないので、素直に階段で上っていきます。
c0071763_00593532.jpg
本殿その一。辺津宮です。以前ワタクシが来たときは、ここだけ参拝してちょろっと散策して帰ったわけですが、当時は神社の知識がなく、1つの神社に複数の神様が祀られていることを知らなかったが故にやっちゃった感じではあります。御祭神はタギツヒメのミコトです。

c0071763_01114535.jpg
ここが江島神社のメインとも言えるお社。2柱の弁天様が祀られています。日本三大弁天様のひとつだそうで、ここは有料なんですがお参りで素直に「お金ほしいです」とか言挙げすると効果が絶大だとか。もちろん、年中金欠のワタクシもお願いしてきました。
c0071763_01141977.jpg
ここは辺津宮からちょっと歩いたところにある中津宮。イチキシマヒメノミコトがお祀りされていて、縁結びにいい神様らしいです。というのを参拝したあとに看板で知って「先に言ってくれればそっちをお願いしたのに」と後悔しきり。
c0071763_01164841.jpg
ここが江島神社の一番奥にある奥津宮です。ここまで来ると結構距離を歩いてたりして、江ノ島の地形もあってアップダウンもある道の先にあるお社です。タギリヒメノミコトが祀られています。

で、お祀りされているのはこの3柱の女神様なんですが、江島神社の怖いのは実はさらに奧があって、元々この3柱の女神がお祀りされてた岩屋があるんですが、そこまでがコースなんですね。かなりきっついアップダウンで坂ならともかく階段を上り下りするので相当キツい道中でした。

岩屋は竜神様がわんさかいるところだそうで、そういうのを感じないワタクシにはまぁ普通の洞窟って感じではあったんですが、空気が外界と違うんですよ。密度がすごく高くて圧がかかるそんな空気。洞窟に入って1分もしないうちに頭がクラクラしてくるようなそんな場所でした。

帰りは来た道を素直に戻るだけでしたが、階段のアップダウンで完全にグロッキー。岩屋の空気に当てられたこともあってかなりしんどかったですね。これが、一番最初にあった入り口を抜けるとすっと抜けたので「ああ、やっぱ空気が違ったんだな」と感心しきり。

まぁ、当分はごちそうさまですが、たまになら運動がてら行ってもいいと思います。都合11km、13000歩ばかり歩いていました。








なんというか、公開日に見た「君の名は。」がこれまでの新海作品と方向性がまるで違っていたので、それを悪いというわけではないんですが、何となく肩透かしを食らったというか、どことなく消化不良な感じがあったんですよね。

新海作品だとやっぱり「秒速5センチメートル」とか「言の葉の庭」とか、ただただ男女がすれ違ってしまう、見る側にとってはアンハッピーな結末なんですけど、それがあの映像美と相まって強く印象に残るって感じがあったんですよね。「君の名は。」は大ヒットしただけのことはあって、内容は決してつまらないものではないし、作品としても一流だと思うんですが、個人的な好みでいうとやっぱり「君の名は。」以前の新海作品の方が好きだな、という感じはあります。

で、映画公開と前後して小説が発売されているんですよね。ワタクシもすでにKindleで入手しているんですが、まだ手を出していません。これまでのパターンからいくと映画を見た後に読むと、映画の内容が補完される形で小説は緻密に描かれているので、全容がそこで初めてわかる、っていうのがあるんですよね。だから、まず映画を……と思ってるんですが、今週末は両日ダメで来週末はタイミングが合えば見られるかも、ってレベル。公開3週目に入ると余程ヒットしてない限りは大抵回す回数が減っちゃうんですよね。で、朝イチか夜からしか見られないなんてことがあるので、ちょっと微妙かも知れない、と思っているところです。


起こったのか。そして標的がよりによってアニメ制作会社で京アニである必要があったのか。

第一報は出がけのTwitterで見たんですよね。その時は京アニが火事っていうことだけわかったので、何か失火してボヤでも出したかくらいにしか思ってなかったんですが、後で調べてみると失火ではなく放火だったって話で。しかも、白昼堂々とスタジオに入ってガソリン撒いて火を点けたっていうんだから唖然としましたね。

犠牲者がいるっていうのもちょうど同じくらいのタイミングで見た話で、その時ですでに10人って話だったんですよ。いくらアニメ制作会社の大手とは言え、そこらの大企業の10人ではなく、150人の中の10人でしたからね。それだけで「コレはヤバいな」と思ったんですが、時間を追うにつれて犠牲者がどんどん増えていき、これを書いている時点で33人犠牲になったと。全社員の1/5が焼死したって恐ろしい事件になったわけです。

このあと、いろいろ劇場アニメが控えてたんですよね。「Free!」とか「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」とか。「響け!ユーフォニアム」の3期も決まっていたのに、全社員の1/5、しかもスタジオでの火災だったのでおそらくは現場に携わっている社員とかスタッフが犠牲になっているんですよね。

犯人は捕まっているらしいですが、犯人が捕まるのは当然として京アニがこんな目に遭うのはあまりにあまりです。

見出しにもあるように火災としては平成以降で最悪の火事になったようですが、どうしてこんなことになったのか。TL見てると声優さんたちの悲痛なツイートが流れてきてたまらないんですよね。

犠牲者の方々のご冥福を祈るとともに、京アニが火災前の京アニに少しでも早く戻れることを切に祈っています。


そういうことが規定の事実のように語られていましたが、本当にやってたんですね。ちょっと驚きました。

まぁ、魑魅魍魎が跋扈する芸能界なんで、この程度のことはあったっておかしくも何ともないんですが、ジャニーズが退所したタレントに対して、いわゆる「仕事を干す」って行為をやってるっていうのは有名な話で、ジャニーズどころか芸能界なんて微塵も興味のないワタクシですら知ってること。ただ、そういう風に取り上げることで、ダーティーなイメージを植え付けたいっていうメディアの下心みたいなもんなのかなー、くらいに思ってたんですが、公取委が入ったってことはマジだったってことですもんね。

元SMAPの3人はたまたま取り上げられたってだけの話で、数多くいるジャニーズ退所組なきっと仕事干されて、芸能界から姿を消している火とが多数いるんでしょうね。これはもう推測ではなくて、ほぼほぼ事実と取れるじゃないですか。

まぁ、ジャニーズ事務所だって言い分はあるんでしょう。金かけて売り出して、突然手のひら返しで辞めますって言われちゃ腹も立つでしょうからね。辞めたことを後悔させてやる、くらいのことは考えたでしょう。

に、してもメディア側の言い分もバリバリ事務所に遠慮してますよね。どう考えたって圧力がかかったとしか思えないのに「過剰に忖度した部分はある」とかジャニーズから圧力がかかってないとか言っちゃって。なんというかみっともないというかだらしないというか、きったないところですよね、芸能界って。


相鉄沿線住民で都心へ通ってる人は劇的に楽になりますよね。二俣川からだって新宿まで最速で44分と1時間切る時間で着いちゃうんですから。あと、この開通で相鉄が神奈川県内のローカル私鉄から脱することになりますね。今までは横浜ー海老名間という横浜はともかく海老名っていう中途半端に県央な地域までしか走っていなかったので、沿線住民のためだけの路線だったわけですが、都心まで一直線となると、もはやローカル私鉄ではなくなりますね。

1日あたり46往復ってことですが、時間で均すと2、3本程度しか走らないのが難点と言えば難点ですか。ラッシュ時間帯は時間4本の運行ってことで、15分間隔くらいで走らせることになるんでしょうが、それでも4本ですからね。大和とか海老名とかそのあたりに住んでいて、都心在勤という人にとっては地獄のラッシュになる可能性がありますよね。

京急ユーザーとしてはとても微妙な気分ではあります。京急の美点ってもはや羽田空港に最速で着けるってくらいしかないんですよね。どう頑張っても渋谷・新宿・池袋へ抜けるには山手線を使うしかない。だから横須賀市とか地盤沈下が起こるんですよね。そりゃ人口減って当然ですって。千葉方面まで抜けられるし、何なら成田空港まで一直線で行けるんですが普段から成田空港へ行くヤツなんていませんからね。羽田空港の方は沿線に住民が増えたようで、それなりの需要はあるみたいですが、三浦半島方面へ抜ける電車はやっぱり需要が今ひとつって感じがします。横須賀線も逗子まで行けばSSLが使えるので渋谷・新宿・池袋まで一直線ですが、逗子以南の横須賀市内は単線だし、完全にローカル線扱いですからね。

三浦半島民としては京急にも頑張ってほしいし、横須賀線も何とかならんのか、と思ったりもするわけです。


我々の世代くらいだったら、今日本で使えるキャッシュレスシステムって対応できるんですよ。その上で、めんどくさいとかこれは使いやすいとかっていう判断までできる。

でも、我々の親世代になるとキャッシュレスシステムを使おうとするのは相当に障壁が高いです。電車の中やら街中を見てみると確かにそれなりに年配だと思われる人でもスマホをすいすい使っている人を見かけないこともないですが、そういう人たちはおそらく若い頃にこういう機器を使えるようになった土壌があってのことだと思うんですよね。

年配の女性の多くはテレビのリモコンレベルじゃないと扱えないと思って間違いないです。あるいはSuicaみたいに接触させるだけで支払いが可能なFeliCaみたいな仕組みじゃないと生理的に受け付けないでしょうね。作り手の方は「これなら誰でも使えるだろう」と思って作っているんでしょうが、大間違いです。

スマホを取り出して、アプリを立ち上げて、何とか払いでと申告してスマホ画面を見せるとかって、我々でもめんどくさいと思うのに、デジタル弱者にそんなことを覚えられるわけがない。そういう意味では、鉄道系ICカードのシステムはよくできてるんですよ。誰が使っても手間がない。カードをペッとタッチさせるだけで改札は通過できるし、バスには乗れるし、買い物だってできる。

このくらい簡単にしないとデジタル弱者まで浸透させるのは不可能でしょうね。最近流行りの何とかペイはその辺の事情をまったく無視していて、スマホユーザーなら誰でも使えるという大前提の元に作られているのがアカンのですよね。20年も待てばデジタル弱者は相当減るでしょうが、逆に言えばあと20年待たないと現行のシステムのままではキャッシュレスは普及しないだろうな、ってことなんです。


最初から逃げずに出頭しろ、って話だと思うんですけどね。

まぁ、自分で犯罪を犯しているって自覚があれば、そりゃ捕まってどうにかなるのは恐怖だし、そこから本能的に逃げ出したくもなりますよねぇ。気持ちはわかるんですけど、自分で出頭してきて「疲れた」って言った挙げ句に警官を引きずった容疑については否認しているってどうよ、って感じですよね。

記事には明記されていませんが、少なくとも本容疑の覚せい剤取締法違反については容疑を認めてるんでしょうね。ただ、ヤクをやっててラリってる状態で逃げたわけでもなさそうだし、その状態で1週間100kmの逃走は厳しいでしょうからね。警察は1週間も野放しになっていたので、そりゃ平謝りもするでしょうが、このくらいの規模の事件で「疲れた」から出頭してみましたは、犯人も根性なしですよね。どうせ100km逃げたなら500km逃げてもいいじゃんか、くらいに思うんですけど。

財布に12万入ってたらしいので、金に困って逃走を断念したわけでもないんですよね。単に「逃げている」ってプレッシャーに負けたって感じですよね、コレ。

別に犯人の肩を持つわけじゃないし、逃走を助長するつもりもないんですが、とことん逃げてやるって覚悟がないんだったら、そこで素直に捕まっておけよって思いますね。コイツが逃げたせいで、時間も浪費しているし、捜査に使った金も結構バカにならないはず。そんなこと考えて逃げる犯人はいないでしょうけど、根性なしは逃げると却ってみっともないですね。