実はワタクシ


こういう数字の話って全然ピンと来ないんですよね。なぜなら、社会人になってこの方、モノやサービスを売る仕事に就いたことがないからです。いわゆる営業って仕事をやったことがないんですね。

なので、営業さんが常に数字に追われている、というのは頭で理解できているんですが、そのためにどれだけ苦労しているか、まで皮膚感覚で理解できないんです。

で、記事の話ですが、売るモノを作る仕事をずっとやってきたので、具体的な売り上げの「金額」はよくわからないまま過ごしてきました。もちろん、売れなければ会社が成り立たないので、売れるモノを作るっていうのが至上命題だったわけですが、売れた数で一喜一憂してたことは割とよく覚えています。ただ、金額としてひとり頭いくら、という予算を組まれているわけではないので、そういう部分の責任っていうのは感じたことがないんですよね。

そういう意味では、会社の事務職とほぼほぼ同じです。ただ、モノを作っている分だけ数字にまったく無関係ではない、という話で。

ってことで、稼ぎは年収の3倍ないと半人前、という理屈はわかりましたが、個人的には「そんな数字、本当に取って来れるの?」とか思っちゃったりするわけです。なにせ、どっかに行って商談して仕事を持ってくるなり、モノを売ってくるなりってことをしないので、年収の3倍とか無理でしょ、と思っちゃったりするわけです。そして、今も会社の稼ぎには直接関係ない仕事をやっているので、やっぱり営業的な話とか数字とかってピンと来ないんですよね。

by peugeot206ccs16 | 2018-05-09 02:05 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cbcross.exblog.jp/tb/29482772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。