不思議なんですが


どうして会話が続かないのは野郎のせいになっちゃうんでしょうね。というか、婚活って女性目線で語られることがものすごく多いと思うんですが、なんでそうなっちゃうんでしょうね。

やっぱり、女が男を選ぶもの、という意識が女性側にあるからなんですかねぇ。もし、そんな意識のねーちゃんが相手だとしたら、こちらから願い下げしたいものです。別にアンタに選ばれなくたって結構です、となりますけどね。

会話が続かないってのは、片方のせいじゃないと思うんですよね。もちろん、相手が乗ってくるような話題を振るのは重要なんでしょうが、それをお互いにやってこそ初対面でも会話ができるってもんじゃないですか。会話が続かないのは男の話題の振り方がヘタだからだ、って一方的に過ぎやしないですかねぇ。

別にプロポーズするにしたって、女性からしたって何の問題もないんですよ。プロポーズは男からするもの、という固定観念があるようですが、別にんなこたないわけで、プロポーズの言葉ひとつ取っても「こんなんじゃ女性の心に響かない」ってのもおかしいでしょ。まぁ、婚活っていう状況下だからそう言っちゃうんでしょうが、少なくとも双方の合意でお付き合いが始まったら、婚活の結果だろうが何だろうが、フツーのカップルですよ。そっから先は婚活じゃないと思うんですよね。なので、その文脈まで女性目線で語られたらたまんないんですが、どうなんでしょう。

これだと男が女に認められようと必死になるのが婚活、というイメージがあるんですが、女性だって男に認められようと必死になるのが婚活なんじゃないですかね。その辺、意識がないのか取り違えてるのかわからないですが、少なくともこんな本を参考にしてまで女性に認められようとは思いませんね。そうありたくないです。

by peugeot206ccs16 | 2018-05-12 02:27 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cbcross.exblog.jp/tb/29488524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。