そうはいいますが


左側通行で左ハンドルってのは意外に安全だったりするんですよ。ワタクシは長いことフランス車ばかり乗ってきたこともあって、中には左ハンドル車にも乗りましたが、正直なところ違和感があるのは最初だけ。慣れると左ハンドルの方がいろいろ便利だなぁ、と思ったりもしました。

一番便利なのは、車のさらに左側を走るバイクやら自転車やらの視認がしやすいこと。ちょっと目線を動かすだけで、左のサイドミラーを確認できるので、横を通り過ぎるバイクなんかを確認しやすいんですよね。

よく、左ハンドル車は右折が怖いとか言われますが、右折が怖いのは右ハンドルでも同じです。車線をまたいで曲がるのが右折なので、怖くて当たり前なんですよ。で、左側通行が基本なので、右折のときに巻き込むものって基本ないはずなんですよ。だから、左ハンドルであっても右折に関して不自由することって基本ないはず。

まぁ、ペダルのレイアウトとかレバーの位置とかって問題はあるようですが、別に左ハンドルが基本の車は左ハンドルのまま入ってきてもいいと思うんですよね。わざわざ右仕様にするからいろいろおかしなことになるわけで、最初から左のままなら何の問題もなく使えるわけで。

ただ、日本は左通行右ハンドルが標準なので、左ハンドルに慣れていない人がほとんど。で、左ハンドルが敬遠されるんで右を作って入れるんでしょうね。実際に乗ってみれば、左側通行の左ハンドルって案外運転しやすいことに気がつくはずなんですけど。

by peugeot206ccs16 | 2018-05-15 01:29 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cbcross.exblog.jp/tb/29494702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。