マンガかドラマに出てきそうな


典型的な継子虐待の構図です。

悪いのは全部再婚した両親で、特に継父がクズなわけですが、虐待を受けていることに娘は「自分が悪いから」と思って許しを請うて亡くなったのがあまりに切ないですね。

大人は結婚しようが離婚しようが大人なんで自分の勝手でなんでもできますが、子どもはそうは行きません。自分じゃ生活できないんですから。ましてや5歳の女の子になにができるっていうんですか。逆に継父は子どもで何もできないのがわかっているし、邪魔に思ったから虐待に走ったんでしょうが。

病院へ連れて行かなかったのも「虐待がばれ、立場が危うくなると思った」と供述しているあたり、本物のクズですね。子ども1人殺しても自分の保身に走るとは。そんなに子どもが邪魔なら、再婚する時点で実父に親権を渡すべきだったんですよ。おそらく連れ子がかわいくて親権を手放さなかったんでしょうが。虐待されていても放置するってのは普通の神経じゃないですよね。

で、実父のおじいちゃんが憤るのも当然ですよ。戸籍上は縁が切れていても血のつながった孫ですからね。それが事故とか不可抗力で亡くなったわけじゃなく、虐待死させられたんだから激怒して当然です。

まぁ、裁判できっちり責任を問うて責めを負ってもらうしかないでしょう。

by peugeot206ccs16 | 2018-08-15 02:27 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cbcross.exblog.jp/tb/29688251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。