まぁ、おおよその予想どおり


安倍ちゃんが必死の根回しをしたおかげで、事前の予想通り三選を果たしてしまったわけですが、石破さんもかなり健闘したようで、安倍寄りじゃないメディアは「安倍ちゃんが顔をこわばらせていた」とか報じてますね。実際にそうだったとしても、それは今まで自分がやってきたことのツケが回ってきただけなので、今さら何を感がすごく強いんですけど。

むしろ、この程度のツケで済んだんだから、ツイてたとも言えるでしょう。

で、一生懸命活動してはいるけれど、支持率は右肩下がりの立憲民主党。枝野さんは「参院選は闘いやすくなった」と言っているようですが、確かにスキャンダルまみれで、評判がこれだけ落ちているので、安倍ちゃんを相手にするなら闘いやすくなったとは言えるでしょう。

ただ、残念なことに、安倍ちゃんは自民党の総裁ではあるけれど、自民党そのものじゃないんですよね。安倍ちゃんは支持してないけど、とりあえず自民党っていう人は多数いるので、そういう人たちを取り込むことが大切なんじゃないですかね。で、それを取り込めていないから、支持率が下がる一方になっているのでは。

政権の言うことにとりあえず「反対」って言っておけば野党になったのはもう随分昔の話です。今はそれじゃ民心は動きません。納得できる対案を出して、国会で通らなくてもそれを繰り返して国民に納得してもらうのが先決じゃないですかね。今の野党は与党の揚げ足取りに終始しているように見えるので、それじゃあ確かに民心は動かないですよ。

せっかく「闘いやすくなった」んだから、それを活かせるように工夫をしていかなきゃいけないんじゃないですかね。

by peugeot206ccs16 | 2018-09-21 03:15 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cbcross.exblog.jp/tb/29754039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。