禁煙者が増えると思いきや


意外にそうでもなかったんですね。

やはりワタクシと同じように心中は「ケッ」とか思いつつも、絶対タバコ止めてやんねぇって人が意外に多かったってことなんでしょう。

確かに今回の値上げは20〜40円くらいのもんですが、前回の値上げの時に100円近く値上がったので、10円単位の値上げでも結構響く値段になるのは確かなんですよね。ワタクシが吸っているラークの3mmとかも、現状420円ですが10月から450円ですからね。1000円札で2箱買ってもお釣りが来るくらいの値上げなので、めちゃくちゃ厳しいってわけじゃないですが、デカいのは確か。

JTのタバコだと500円近くかモノによっては500円とかになる銘柄もあるんじゃないですかね。今回は電子タバコにもしっかり課税しやがったのか、メーカーが便乗値上げしたのかは知りませんが、一番売れてるiQOSで一箱500円ですから。これなら電子じゃなくって、むしろ紙巻きに戻る人も増えるんじゃないですか。紙巻きの方が安い銘柄も多いんで。

で、記事の中にある反対派の意見にはまったく賛成です。嗜好品とは言え、偏った増税には不公平感がバリバリにあるし、税金払ってるんだから、喫煙できる場所をきちんと整備しろと。

最近、副流煙がどうたらって理由で、よく立ち寄る公園の喫煙所が5箇所くらいあったのに、奧にある1箇所に減らされてしまいました。税金取ってるんだから、副流煙がどうこう言うなら囲いを付けた喫煙所を設置しろと。国に納める税金ならともかく、タバコって地方税なので、地方自治体の姿勢でどうにでもできるはず。財布が潤ったー、じゃなくって税金取ってるなら喫煙者に還元しやがれって話ですよ。

とにかく税金取られるのは仕方ないにしても、健康促進のためとかありきたりな大義名分をかざすんじゃねぇ、って言いたいですね。

by peugeot206ccs16 | 2018-09-24 02:29 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cbcross.exblog.jp/tb/29759188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。