2017年 12月 18日 ( 1 )


あったりするんですね。

しかも締めが年度末ではなくて年の最後で調整になっているから、年末に働いて103万を超えると扶養者控除が受けられなくなると。そりゃまぁ確かに主婦のパートで賄っているところは大変でしょうね。

とりあえず本人には働く意志もあり、健康上にも問題はなく、しかも働く時間があるにも関わらずヘタに働くことができないってのはやっぱり制度上の問題でしょう。時給を上げればそれだけ労働時間を減らさないと控除が受けられなくなるっていうのは矛盾もいいところです。

実際にいくら控除を受けられるのか知りませんが、仮に1万円程度だったとしても「されど1万円」って話になっちゃうんでしょうね。103万を超えて、今度は130万へ到達すると社会保険も自分名義で払わないといけないとなると、負担額はグッと増えるので金は欲しいがでも払いたくないから働けないってことになっちゃうんでしょう。

まぁ、労働力に関して言えば、主婦に頼らなければどうにかなるところもあると思うんですけどね。学生とかフリーターのバイトであれば、いくら稼ごうが扶養控除は関係ないし、社会保険は自分持ちなのでむしろ時給が高くなる分には好都合だと思うんですけど。そういうバイトを雇うわけにはいかない職場ってあるんですかね。それとも、学生とかフリーターで扶養されてる身だと主婦と同じく所得制限の壁があったりするんでしょうか。その辺は詳しくないので何とも言えませんが。

いずれにせよ、記事に書いてあることは結構正論で、サラリーマンの妻だけが優遇されるって制度自体がもう時代にそぐわなくなってるんですよね。103万から扶養控除がなくなるとかじゃなくて、所得に応じて控除額を変えるとか、等しく主婦という存在に対して一定の控除を設けるか何かやりようはあると思うんですよね。

ワタクシのような扶養する人間もいないし、所得控除も特に受けられない人間には無関係な話ですが、税金なんで全員から文句が出ないようにするのは無理としても、大多数の人間が「まぁ平等に取られてるな」と思わせるくらいの制度じゃないとダメだと思うんですけどね。