2018年 01月 09日 ( 1 )


こんなに厳格じゃないと思うんですけどね。少なくともワタクシが就活やってた頃はこんなこと注意されたこともないし、意識したこともなかったです。

まぁ、面接室があらかじめ設けられていて、そこが扉で閉じられていたとすれば、当然ノックは必要ですが、そもそもあんまりそういう場面に遭遇したことがなかったというか。ノックは3回ってのは確かなんですよね。記事にもあるとおり、2回だとトイレの確認になっちゃうので3回だそうで。でも、これ知ったの結構最近です。当時は知りませんでした。

お辞儀の角度とかんねもん意識したことないですわ。まぁ会釈にならない程度に頭が下がってればそれでいいんじゃないですか。わざわざ面接官だって「こいつは45度のお辞儀をしてない」とか見ないし確認しないですから。

お座りください、の言葉があるまで座らないってのは就活のマナーじゃなくってビジネスマナーのような気がしますね。客とは言え、座ったままで相手を迎えるのは失礼でしょう。これは割と普通のような気がします。

手は膝の上、あるいは腿の上とかってのも特に注意された記憶はないですねぇ。ただ、自然とそこに手が行くのは確かです。意識してやったことはなかったですかね。

終わって退出するときも「失礼します」とか「ありがとうございました」はビジネスマナーじゃないかなぁ、と。新卒ではあまりないでしょうが、普通のビジネスシーンとか転職での面接だと、先方もきちんと礼を尽くしてくれるので、それに失礼のないように応えるのはまぁ当然かと。

ただいま絶賛転職活動中ですが、実際のところ面接はもっとフランクです。もちろん、上に書いたような「ビジネスマナー」は社会人として対応するのが当然なので、きちんと失礼のないようにしますけどね。でも、それだけです。新卒の就活だとビジネスマナーがわからないことが多いんで、殊更こういう特殊な書かれ方をしますが、実際はあまり厳格ではないし、とにかく先方に失礼にならないようにすればいいんじゃないかと。

欧米の就活ってのはもっとずっとフランクなんですかね。その辺は全然わからないんですが、まぁこういう騒ぎになってるってことは欧米とはだいぶ違うんでしょうね、きっと。