2018年 01月 30日 ( 1 )


子どもが欲しいと主張しているのは26歳の女性。旦那は32歳で「今はまだいらない」と言っている、と。これだけだったらこじれることもなかったんでしょうけどねぇ。だって、旦那は「子どもなんて欲しくない」とは一言も言ってないですからね。あくまで「現時点ではいらない」と言っているだけで。

ここで、奥さんが食い下がっちゃったのが間違いだったんでしょうね。旦那もうんざりして「結婚ってこんなもんかぁ」と結婚しちゃったと本音がポロリと。そりゃ、これを聞いちゃったら一緒に住めないですよね。

まぁ、記事を読む限りでは子どもを作る前に離婚した方がいいって意見が多いようですが、旦那の本音がホントに本音なのかって問題もありますよね。つい売り言葉に買い言葉で言っちゃったって可能性もゼロじゃない。たぶん、現時点で離婚を切り出せば簡単に離婚はできると思うんですよ。旦那も引っ込み付かなくなってるので、離婚と言われれば「そうかよ、別れてやろうじゃねぇか」となるでしょうから。

だから、まず当人が離婚したいかどうかってところですよね。ウソでもあんな言葉聞いたからもう一緒にいられない、ってなら別れた方がお互いのためでしょう。幸い子どももいないし、子どもが欲しい今の旦那と似たような年回りの野郎なんていくらでもいるでしょうからね。

離婚に躊躇しているのであれば、旦那に本音を問い質すべきじゃないですかね。言った言葉はそれはそれとして、子どもを作るに関しても全否定ではないので、改めていつ頃ならいいのか聞いてみてもいいんじゃないですか。

結婚したことないので、離婚したことはないので何とも言えませんが、周りの離婚経験者の話を聞くと面倒ごとはそれなりにあるようなので、そんな面倒を押してまで離婚をすべきなのか、離婚したいのかをよーく考えた方がいいんじゃないですか。