2018年 03月 03日 ( 1 )


こんなこともあるもんなんですねぇ。まぁ、広報担当者と代理店の思惑がたまたま両者で被ってしまったって話ですね。で、判明したときにはすでに手の打ちようがなく、ならば仲良くやりましょうや、っていう落としどころになったみたいですね。

ヘタに対立してあっちが後だ、いやこっちが先だと言い合うよりは平和的な解決だし、どうせならユーザーの喜ぶことをやりたいってのは飲食業としては極めて正しい判断だと思いますね。で、こうやってネットで記事にもなるわけなので、まさに両者WIN-WINな格好に収まったわけです。

ワタクシはどっちのCMも見ていないので、被ったCMソングがどうなってるのかは知らないんですが、おそらく単純にCMソングの元歌が同じっていうだけの仕上がりになってるんだろうなぁ、と推測してる感じです。

で、Twitterでも狙って掛け合いをやったようですが、会社違いでTwitterの掛け合いって割とよく見かけるんですよね。よくやってるのはアサヒビールのアカウント。味の素とかとまぁまぁ一杯どうぞ、じゃ、ツマミはこれでとか言って味の素の製品をさりげなく宣伝してみたりとちょいちょい見かけます。あれは多分事前に話し合いはなくって、担当者がそれぞれノリでやってるんでしょうね。タニタとシャープとかもたまに掛け合いやってますね。これも担当者のノリでやってるんでしょうけど。

まぁ、傍から見てると何だかなぁと思いつつも意外に面白いので、会社で宣伝アカウント持ってるところはもっと異業種・競合他社なんかとTwitterで掛け合いやってもいいと思うんですけどね。やったからって別に誰が損するわけじゃないし、ユーザーにしてみると「あ、意外に仲いいんじゃん」とか思わせる効果もあって、悪くはないと思うんですよね。

コンビニ3社とかスタバとタリーズとかなんか他にもいろんなところが掛け合いできそうな気がするんですが。マジメに宣伝するだけがTwitterアカウントの役目でもないし、宣伝する方が却って見落とされる可能性もあるので、試しにどっかやってみてくれないですかね。