2018年 03月 08日 ( 1 )

先日予告した通り、買ったトイデジカメが届いたので早速試し撮りしてみました。

とりあえず画像をば。
c0071763_01372688.jpg
c0071763_01375039.jpg
c0071763_01381530.jpg
c0071763_01384685.jpg
ってな感じで。

買ったのはHOLGA DIGITALっていうブツでして、そもそもHOLGAっていうフィルムカメラが母体になってるカメラです。まぁ、分類としてはすっかりトイデジカメということになっていますが、作ってる側は別に「トイ」として作ってるわけではなくて、割とマジメにカメラを作ってたりするブランドです。

で、このカメラですがとにかくクセがありすぎて普通のカメラに慣れてるととんでもなく扱いにくいブツです。まず、シャッターですがレンズ横に付いてるレバーを押し下げる仕組みになってます。これが曲者で、いっちょ前にバルブ撮影なんかができるようになってるんですね。レバーを下げた時間だけ露光するという簡単な機構で実現してるんですが、これがあるおかげでレバーをどれだけ下げるとちゃんとした写真になるか全然わからんのです。ちょっと下げすぎると日中では曇天でも真っ白な画像ファイルが生成されます。

このクセをつかむのに時間がかかりそう。もうひとつは、ファインダーで覗いている部分と写る部分がイコールじゃないんですね。ファインダーはレンズを通した像を見るわけではなく、単純にカメラに穴を貫通させただけの物なので、レンズの位置とズレているせいでファインダーで構図を作ってもその通りに写らないというこれまたクセのあるところで。3枚目の写真なんか電話ボックスを中心にくるような構図で撮ったはずがコレです。

液晶モニターなんて上等なものもないので、実際にどう撮れたかはWi-FiSDカードでスマホへ送るかパソコンで開くかするまで全然わからないというのもアレです。

さらに手ブレ補正なんて高等なものもないので、シャッターをちょっと下げすぎると簡単に手ブレします。するとどうなるかというと

c0071763_01494209.jpg
こんなブレブレの写真が撮れたり(ちなみに自販機です、コレ)
c0071763_01502830.jpg
こんなブレてる上に像が歪むというステキな写真が撮れます。

そのくせにバッチリハマると4枚目みたいなまともな写真も撮れるんです。全然トイじゃない。1枚目みたいにオーバー目でローキーな写真がトイっぽい感じになるわけなので、まともな写真を撮るのと逆のセッティングをしないといけないという。

とは言え、使い方をちゃんと心得ることができれば、いろいろ楽しめそうです。レンズに付けるフィルターをセットで購入したので、それを付けてもっとふざけた写真も撮れそうなので、追々上げていきたいと思います。