2018年 06月 14日 ( 1 )


印象がありますねぇ。

成人年齢を引き下げるってのは何の意味があるんですかね。「はい、ここからあなたは成人ですよー」ってのが単に20歳から18歳になっただけってわけじゃないですよね。

女性の婚姻可能年齢が18歳に引き上げられたらしいですが、男女を婚姻を19歳に引き上げたからって「はい、大人」ってことはないでしょう。

さらにわかりにくいのが、飲酒・喫煙は20歳からのままなんですよね。成人年連を引き下げているのに、この2点だけ20歳のままってのはなんとなく解せない感じがするんですよね。今まではそういうのも全部込みで「20歳から大人ねー」ってやっていたから違和感がなかったわけですが、これからは「18歳で大人になったけど、飲酒と喫煙はまだダメよー」ってことになるじゃないですか。

そんないびつな形で成人年齢を引き下げる理由ってどっかにあったのかなぁ、とか思うわけです。投票権も18歳からに変更されてますが、これはまぁいいと思うんですよね。それに合わせて「じゃ、成人年齢も下げますか」って理由ではないと思うんですよね。

社会に参画する年齢を下げることが目的とか言ってますが、その辺も取って付けたような印象ですよね。

ってことは、コメントにもありましたが、税金と年金をがっぽりいただくための手段だったんですかね。18歳の段階で成人にはなっているものの、例えば大学生とかであれば親に扶養されてるケースも多いと思うんですよね。それでも住民税とか発生しそうだからおっかないですよね。国民年金も成人年齢が20歳の今は20歳から加入義務がありますが、成人年齢が下げればそこから加入義務が発生するわけですよね。

と考えると、やっぱり合理的な理由は2歳成人年齢を下げて、その分ゼニをがっぽりもらおうしか考えられないんですよ。そのくせ、飲酒と喫煙は20歳からのままなので、実質的な成人はやっぱり20歳からって印象が強いですよね。

成人年齢を引き下げてまで国民から金をふんだくろうとする国の姿勢が目に付きますね。