<   2018年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


牛丼ってそもそもあんまり安い食いもんじゃないんですよね。松屋の牛丼ってこの記事で知ったんですが、いわゆる牛丼とプレミアム牛丼って別々だったんですね。それもなんだかセコい話ですが、いわゆる牛丼を値上げすると。というか、これ値上げ云々よりも店舗によって牛丼の種類が違うってのがそもそも間違いじゃないですかね。統一すれば同じ材料を大量に仕入れできるんだから、コストダウンできるはずなんですが、4:6の割合でなんでまた違う牛丼を出すのかと。

そもそもコストダウンはもう限界というのなら、プレミアム牛丼といわゆる牛丼は何が違うのかって話だと思うんですが。この辺は松屋にも言い分はあるんでしょうが、何となく釈然としないところですね。

で、話は戻りますが、並と大盛りで百数十円違うんですよね。まぁ米の量が単純に二倍なので、お値段もそれなりにそうしてみましたってところなんでしょうが、500円払って牛丼ってあまり得した気分にならないんですよね。300円台で大盛そばが食えることを考えると、牛丼はやっぱりコスパがあまりよろしくない食いもんじゃないかと思うわけです。

でもって、値上げとなると並で我慢できてた人が離れる可能性はなきにしもあらずですよね。やっぱりコスパのいい食いもんを食おうとするはずですから。

なので、ワタクシはあまり牛丼はチョイスしませんね。もっと高い食い物は当然あるんですが、値段なりに満足感があればそれはそれで納得して払うこともできるんですが、どうも牛丼は値段なりに満足しない感が拭えないんです。

あと、松屋に関して言えば牛丼じゃなくて定食のイメージですよね。定食は当然牛丼より高いですが、こっちはそれなりに満足できるんですよ。松屋の牛丼はどうも美味いと思って食った覚えがない。牛丼なら吉野家一択ですが、吉野屋の牛丼が美味いと思ってもやっぱり頻繁には行かないですかね。


苦戦してるんでしょうね。ワタクシはプレミアム会員なので、仮にヤフオクへ出品しても出品料はかからないので意識したことはないんですが、一般人が利用しようと思うとそれなりに負担になるのは間違いないので、利用者を増やすって観点では正解なのかも知れないですね。

で、ヤフオクが苦戦してるってことは記事にもありますが、メルカリが脅威になっているって証拠ですよね。残念ながらワタクシはメルカリを利用したことがないし、おそらく今後も利用することはないと思うんですが、あちらは出品料無料なんですよね。で、スマホで写真撮ってすぐに出品できるっていう気軽さがウケて利用者が増えてると思うんです。現状のヤフオクだとアプリを使えば簡単にできなくはないですが、それでも出品料と利用料が二重に取られるので、その辺が嫌われているのかも。

とは言っても、ヤフオクに商品がなくなってるかと言われるとそんなことはなくて、探せば山ほど商品はあるわけです。ただ、メルカリと比較すると、捨て値で売られているものはあまりないかも知れないですね。あと、メルカリと違ってオークションなので、表示価格はあくまで最初の価格ってだけで、オークション終了時にはつり上がる可能性がなきにしもあらず。メルカリはその点、フリマなので表示価格がイコール支払い価格ってところもわかりやすいし、値段のつり上げも考えてないんでしょうからいいんでしょう。

ここしばらく、ワタクシもヤフオクへ出品するような物がないので、全然使っていませんが、中古で売る価格が明らかに安くてそれよりも高く売りたい場合には利用したりします。割と目論み通り2割くらい高めに売れるので、使うときは結構狙って使いますが。不人気商品は安く値段付けても流れちゃいますしね。

売りたいもので値段が付くものは、基本的に買い取ってくれるショップへ持って行って売ります。梱包する面倒もないし、その日のうちに金にできますからね。やっぱり対人でやり取りするのはめんどくさいんですよね。


結構このインタビューでネタばらししちゃいましたね。

ポプテピピックって冬アニメなのにも関わらず、アニメが終了してから円盤を発売するんじゃなくって、放送中に発売してるんですよね。しかも、1本に4話入っていて発売日がその巻の最後の話の放送直後くらいのタイミングになってるんですよ。どうやってこんなもん作ってるだと思ったら、1話目放送の段階でもう11話目まで撮り終えてたんですね。そりゃ、アニメの放送期間内に円盤も同時発売ができるわけですわ。

ポプテピピックの最大の関心事のひとつは「今週誰が犠牲になるのか」というところがあるんですが、まぁいろんな人アサインしてきましたよね。一昨日放送分はついに奈々様まで登場して、Bパートも銀河万丈さんと郷田ほづみさんでしたからね。大御所も含めて豪華な声優を惜しみなく使って、しかも中身はクソアニメってところがいいんですよね。

インタビューにもありますが、アフレコ中のいらん音声もわざわざ残して、アドリブ化させてるのもウケる原因なんじゃないですかね。プロデューサーは10話を高く評価してますが、個人的には5話のBパートの杉田・中村コンビがイケてましたね。で、画面中のそこかしこに小ネタを挟んでるんですよね。放送直後のTwitterで結構目敏く見つけた人がツイートしてますが、まぁこんなところまで力を入れて、ってくらいなもんです。

Aパート、Bパートって基本的には同じなんですが、これもそこかしこに違いがあって、初見ではそれを見つけるのが面白くて、見返すと納得するというか。作りが本当にウゴウゴルーガのような構成なので、飽きないんですよね。筋書きもないので中身を知っていても暇つぶしに見られるというか。

いよいよ今週末が最終回のようですが、これだけ世間を巻き込んだポプテピピックだけにどうなるか期待してます。ものすごく期待してます。


投資って何なんでしょうね。

まぁ、資産15億あって無駄遣いしないってその姿勢は尊敬に値すると思いますが、んじゃ15億持ってて何に使うんだろう、って疑問がわいてくるんですよね。

なんか一番バカバカしいのは投資をするために投資するっていう考えかた。金を無限に増やすのが目的だとして、増やしたところで別に使い道はなく、再びより大きな投資をするっていうのはアホらしい気がするんですよね。なんぼ投資して、なんぼ儲かって、なんぼ資産が増えてもただそれだけ。

当人は金を持っていても健康じゃないと意味ないからと、健康な体を一番欲しているようですが、だからってそれに金を使っているわけでもなさそう。どんなにがんばって健康でいたとしても、人間せいぜい生きて100年がいいところ。どっちにしてもいずれは必ず死ぬんだから、投資で金を増やして投資するってだけなのは逆にもったいない気がするんですけどね。いくら金を増やしたって墓には持って行けないし、仮にあの世があったとしてもあの世で金を使うことはできないですから。身内に金を残すって考え方もなくはないですが、それで本当にいいの? って思っちゃいますね。

だからって無駄遣いして資産を減らせって言ってるわけじゃないんですけどね。対人関係には金を使っているようなので、有効な金の使い方も知ってる方だとは思いますが、もっと一時の快楽に金を使うとか物に金を使うとかしてもいいと思うんですけどね。行きすぎない程度に。

無駄遣いしつつ、資産運用できちんと稼ぐってのが人間らしいというか、一般人らしいあり方だと思うんですけどね。本物の金持ちはコメントにもありますが、運転手雇って自分じゃ絶対運転しない、くらいなことをするので、この人はそのレベルではないってことだと思うわけです。だったら、もっと一般人的に過ごすやり方もあっていいんじゃないかなぁ、と思ったりして。




CMとかってまぁ、こんなもんですよね。テレビってメディアを使って、番組として商品を次々と紹介しているだけに、それを鵜呑みにしちゃう人が結構いるから問題になっちゃうだけで。

おそらく、ショップチャンネルとかで紹介された商品とかってアマゾンやら楽天やらで調べると同じもんが出てきて、似たような値段とかもっと安く売ってたりするんじゃないかと思うんですよね。中にはメーカー製の家電とかも混ざってたりしますが、見るからに型落ちの処分品だったり、あとはようわからんメーカーの何かだったり。食い物も少なからずありますが、送られてくるもんがテレビと見た目が全然違うとかあったりするんじゃないですかね。

要は胡散臭さが抜けないんですよね、テレビ通販って。主な視聴者ってワタクシなんかより全然上のジジババだったりするんでしょうが、通販慣れしてると逆にテレビで見るものってどうにも嘘くささが抜けないというか、疑ってかからずにいられないというか。

今回、消費者庁が措置命令を出したのもその裏付けじゃないですかね。やっぱり不当に安く見せる演出をやってたってことで、是正しろってことなので、やっぱり少なからずウソっぽい値段はあったんだなって納得しちゃえますよね。

コンプライアンスを強化するってなコメントを出していますが、安く見せないと商売成り立たないでしょうから、ギリギリのラインで同じようなことを続けていくんだろうなぁ、と思ったりします。

テレビとかラジオとかのCMでやってることってどれもこれも嘘くさいんですよね。ネットで調べてああ、なるほどね、ってカラクリがわかる感じで。とにかく大げさに誇大広告寸前くらいまで大風呂敷広げて宣伝するんで、それが嘘くさく聞こえるんでしょうね。で、ネットリテラシーが低いジジババが簡単に引っかかると。CMとは言え、事実に近いことを言うようにしないと今はいいでしょうが、20年経ったら商売できなくなりますよ、きっと。今のジジババがいなくなったときに正念場が来るんじゃないですかね。


一見、ライフハックのような体で書かれていますが、冷静に読んでみるとフツーのことをごくフツーに当たり前に書いてるだけの何でもない記事です。

電車の定期は何ヶ月を買うのがいいのかとか、別にビジネスマンじゃなくても得するのはより長期の定期なのは自明の理。だから、より得をしたいなら6カ月定期を買うべきなのはごく当たり前です。で、会社が1カ月分の定期代しか支給してなかった場合にどうすれば6カ月定期を買えるのか、とかいう話を展開するかと思いきや、会社から支給された額の定期を買えばいいって当たり前でしょ、それ。

確かに1カ月しか支給されない定期代をおよそ6倍の金額で払うのは負担が大きいですが、これまた冷静に考えてみると1カ月ごとの支給額を単純に6倍した金額が6カ月定期の値段じゃなくて、それよりも安い金額になるんで必ず余りが出るわけです。それを半年積み重ねると意外にデカい額になるわけで。

だから、多少金に余裕のある人なら、1カ月支給の場合でも6カ月定期を買って後からひと月ごとに補填していけば、補填した分の余りは自由に使える金になるので、そこで初めて「お得なんですよ」となるはずなんですけどね。この記事はそういう話じゃなくて、会社からもらった額の定期を素直に買いましょうってだけの話をしてる記事です。

これはさすがにどうよ、って思うんですが、この記事も途中で切れてて本題が後ろに続いてたりしたんですかね。何しろ、ここに載ってる分だけでは何のタメにもならない当たり前のことを当たり前に書いたつまらない記事です。


往々にして時代遅れであることが多い場所のような気がします。公立校なんかは特に何もしなくても生徒は入ってくるので、時流に乗って校則をはじめ、何かを変えようって力が生まれないんでしょうね。

まぁ、それにしても記事の最初の話は生徒がどうよ、って話ですね。さすがに私服OKな学校もあるのは知ってますが、フツーは制服で投稿するもんだろうし、何を考えて私服で登校したんでしょうね。で、私服で登校するとどうなるかってのもわかってるはずなんですが、それも込みで狙ってやったんでしょうね。挙げ句、別室に隔離されたらエアガンで撃ち合いとかモンスター以前に頭がおかしいとしか言えないですわ。これは生徒が悪いし、校則云々以前の話ですね。

で、校則の話ですが、記事に載ってるところは典型的に厳しい校則と言われる学校を地で行ってる感じですね。髪型とか髪色とかを厳しく制限するのって昔からありますが、21世紀の今でも残ってるのが不思議ですね。長さの単位が決まってたり基準があったりってそこまで生徒を縛って何の効果があるのか、って話です。伝統的に校則を厳しくすると生徒は従順に従って勉強して進学校になるとか考えてるフシはありますね。ケータイやらスマホやら電源落とせってのもわからないでもないですが、学校生活の妨げにならなければいいんじゃんとか思いますが。

ポニーテール禁止とかリップ禁止とか防寒具禁止とかになると、何を考えてるんだろうって気がしますが、内部にいる人たちはそれがおかしいってことに気がつかないんですよね。当たり前になってるから。で、外圧に負けないのも学校の特徴です。例外的に不祥事が起こると変わるのはお約束ですが。

ちなみにワタクシは中学・高校とあまり校則を意識して何かをしていた記憶がなくて、割と自由にやってましたね。現行犯はさすがに罰則が適用されましたが、そうでなければ割とスルーされていた気がします。そういう学校も結構あるんでしょうけどね。

実は3日前にもHOLGA DIGITALで撮ってみたんですが、別売のフィルターキットを装着して撮った結果がグタグタ。辛うじて何が写っているかわかるのが十数枚撮って2、3枚という体たらくだったので、とりあえずHOLGA DIGITALできちんと撮影できるようになってから使ってみようと思い立ち、再度撮影にトライしてみたものです。

とりあえずこんな感じで。
c0071763_02423700.jpg
前に書きましたが、ファインダーとレンズがリンクしていないので視差があります。それを意識してちょっとファインダーの像を左寄せしたらバイクだけ撮りたかったのに余計な部分が多めに写った失敗作。ただ、いい感じに安っぽいモノクロ写真になったので上げてみました。

c0071763_02443919.jpg
ちょっとオーバー目に撮れればいいかと思って露出をF2.8にして撮ってみたら「きれいに」撮れちゃった写真。いい感じなんですが、きれいすぎるんですよね。トイカメラではなくフツーのカメラで撮った感じ。

c0071763_02463588.jpg
アンダーな感じになっちゃいましたが、その分色味とか安っぽい感じになっていい感じです。パンフォーカスなのに手前より奥側にピンが来てるように見える1枚。

c0071763_02490238.jpg
これは狙ってオーバー目に撮った写真。上手くハマってオーバー目でローキーな感じになって安っぽさ満点の1枚です。

c0071763_02503432.jpg
きれいに撮れていて逆に失敗した写真。フツーのカメラでフツーに撮った感じになっちゃいました。もっとオーバー目でローキーに撮るつもりだったのが、絞りをF8.0 にしていたようでかっちり撮れちゃいました。

c0071763_02524747.jpg
これもある意味失敗作。トイカメラのくせに設定がハマるときれいに撮れちゃうんですよね。水の反射とか水滴とかきれいに写っちゃいました。

とまぁこのくらいで。やっぱりこのカメラは曲者です。ハマるときれいに撮れちゃうし、安っぽさを狙うと飛び越えて失敗写真になっちゃう。今回もドアンダーで使えない写真とか手ブレがひどくて使えない写真を結構量産してます。

液晶がないんで、撮ってどこかで立ち止まって確認しないと何が撮れてるかわからないのも曲者です。たぶん、そういうのも含めて楽しんで撮れよ、ってカメラなんでしょうけどね。あまり考えずに目に付いたものを端から適当に撮ってみるってのが一番正しい使い方のような気がします。30枚くらい撮っても45MBくらいしかないので、GB埋めるにはどれだけ撮ればいいんだってレベルですし。

また、遠くないうちに上げたいと思います。








きっとヒットしたかも知れません。もっとも35年前には「ハイレゾ」という概念がありませんでしたが。というか、アナログ全盛期ですよね。

CDプレーヤーの発売が1982年なので、36年前のお話。この当時はアナログからデジタルへ転換するというだけでエポックメイキングだっただけに、ハイレゾなんて概念はまったくなかったわけです。レコードと違ってプチノイズはないし、CD1枚でレコードの両面が入るってだけですごかった時代です。

36年経った今、CDは相変わらず音楽メディアの主流ではありますが、カセットテープはとっくの昔に音楽メディアの主流から退場しているので、正直なところ「何を今さら」感がめちゃくちゃ強いですね。まぁ、アナログメディアなので、テープの性能ギリギリまで音楽信号を記録できるってメリットはありますが。

でも、カセットテープを使う人がほぼいなくなった今、カセットテープでハイレゾと言われても困るんじゃないですかね。CDはわからないでもないです。SACDを使わなくてもハイレゾ相当にアップサンプリングして再生するって話でしょうから、CDはまぁいいんじゃないですかね。

まぁ、こんな今さら感たっぷりなものを東芝さんは敢えてオーレックスブランドで出そうっていうんだから、狙ってる層は明らかに我々より上の層ですよね。カセットテープの資産をまだ持っているかも知れない層。オーレックスブランドを知らない人には「何ですか、それ」って話になっちゃいますしね。

本物のハイレゾ音源の再生にも対応しているようなので、お値段それなりなのかも知れませんが、まぁ付加価値としてはカセットテープの再生って弱いのでおそらく売れないでしょうねぇ。小売店も積極的に売りにくい商材じゃないですか、これ。


実際に避難生活をした人じゃないと実感がわかないと思うんですよね。頭の中には1週間分の水と食料を準備しろってわかっていても、それを実行している人が少ないのは、そこに脅威がないからだと思うんですよ。

で、実際に自分が被災者になって初めて「ああ、準備しておけば良かった」って話になるんじゃなかろうかと。後悔先に立たずですが、こればっかりは仕方ないんじゃないかなぁと。

まず、1週間分の水と食料を保管する場所の確保が大変ですよね。戸建てなら何とかなるかも知れませんが、マンション住まいだとそう簡単にスペースを確保できないんじゃないかと。で、水も食糧も消費期限があるので、記事にもあるように一定期間でローテーションさせなきゃいけないって手間もあるわけです。全部揃えたとしたら、それなりに大変なことになるでしょうしね。

もっと重要なことは、被災する場所の問題です。東日本大震災は金曜日の14時46分に発生していますが、まぁ大抵の人は会社で働いていますよね。たまたま有休取ってたとかシフトで休みだったとかってのもあるでしょうが、基本的には普通に会社の就業時間内です。ワタクシもそうでした。

となったときに、必要なものって食糧とか水とかもそうですが、いかにして「帰るか」って問題があるわけです。帰るためには歩くしかない場合も多々あるでしょうが、スマホとかの電源は確実に必要です。なぜなら情報をそこで得られるから。実際、震災の時は割と早い段階で電池がなくなったようです。そのくらい電源って必要なんです。

それで話は戻りますが、自宅にいくら備蓄があったとしても、あくまで使うのは「自宅にいる人」だけなわけであって、家族の人数分揃えてもそこに家族がいなければ意味をなさないんですよね。家族が全員昼間いない人であれば、自宅に備蓄があろうが何が起こっていようが、まず最初にやることは「自宅へいかにして帰るか」ってこの一択だと思うわけです。

自宅に戻ってきて初めて備蓄が役に立つわけですが、それも自宅が無事であればの話で倒壊したり半壊したりしていれば、備蓄があっても取り出せないという可能性もなきにしもあらず。

ということで、万が一に備えて備蓄も大事でしょうが、それより何より「どうやって帰ってくるか」を考えるべきでしょうね。人がいなければ備蓄は何の役にも立たないので。