<   2018年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

久しぶりのこのカテゴリーへの投稿です。前ほどじゃないですが、ゲテモノは嫌いじゃないんです。

コンビニに入って、コーヒーを買おうとしてふと目に入ったのがコレ。
c0071763_02052547.jpg
一見、よくある500mlペットボトルのコーヒーですが、製品名には「TEA COFFEE」と。

手に取って見てみるとコーヒーに焙じ茶を混ぜたというどういう発想でそうなった、ってな飲み物。

迷わず手にして、早速飲んでみました。

お味はってーと…

組み合わせはゲテモノですが、美味いんですよ。ペットボトルにも帯がかかっていて、ゲテモノだけど飲んでみ? みたいなことが書かれてたんですが、味はまともです。

しっかりコーヒー味なんですが、ほんのり焙じ茶の味が乗っていて、後味はお茶。昨日も書きましたが、このサイズならではの薄い味ではあるんですが、リピートしたくなる程度には十分美味いんです。

ここはネタなので、リアルゲテモノの方が面白かったりするんですが、まぁ、こんなものもあるということで。


この500mlペットボトルのコーヒーって薄いんですよね、どれもこれも。普段、缶コーヒーとかカフェのコーヒーを飲み慣れているとえらく薄く感じるんですよ。

で、クラフトボスが発売された直後にコンビニで見つけて買ったんですが、感想は「薄っ」。これ、売れるのかねぇ、とか思ってたら大ヒット商品になったとかで、生産停止になって一時期コンビニから姿を消しましたよね。なーんでこんなに売れるのかなぁ、と疑問に思ったことしきりでしたが。

で、最近タリーズの合成甘味料を使っていないエスプレッソなるものを見つけたので、改めて買ってみたらやっぱり薄いんですよ。水でかさ増ししてるのかなぁ、と思うくらい薄い。で、流れで改めてクラフトボスを買ってみたら、薄いながらもそれなりに味はあったと。

これ、もう一回り小さい360ml缶とかのコーヒーだとまともな味がするんですよね。あくまで薄いのは500mlのペットボトルだけ。

スタバやらタリーズやらが参入してきた当時は、濃いコーヒーが席巻しましたが、今の主流は薄いコーヒーなんですかね。極論するとコーヒー味の水を飲んでるような気分になるんですよね。なので、正直なところ最近のペットボトルのコーヒーはあまり美味しいと思ったことはないし、物足りなさ全開なんですよね。昔からあるカフェオレとかだと普通に缶コーヒーと同じ味がするので、やっぱり最近のペットタイプのコーヒーは意図して薄くしてるんだと思うんです。

こんな薄いコーヒーが売れるんだねぇ、と感心しきりですが、コーヒーだけに限った話ですよね。紅茶を飲んで薄いと思ったことないし、緑茶の薄いのなんて飲めたもんじゃないだろうし。なんで薄いのか、薄く感じるのかぜひメーカーさんなり誰かに説明して欲しいところです。

2005年、2006年、2007年、2008年、2009年、2010年、2011年、2012年、2013年、2014年、2015年、2016年、2017年とタイトルをコレにしてたので、今年も(笑)。

今日は

ワタクシの誕生日です!

めでたくないけどめでたい!

と、軽く自画自賛(笑)

ということで、13年前も12年前も11年前も10年前も9年前も8年前も7年前も6年前も5年前も4年前も一昨昨年も一昨年も昨年も書きましたが、今年も同じように書いておきましょう。ちなみに年末まではあと258日だそうな。

○誕生日が同じ有名人
黒田清子さん
小宮悦子
宅間 伸
朝岡実嶺
伊藤裕子
上地雄輔
星村麻衣(地味目なシンガーソングライター)
池坊保子(華道と思いきや政治家?)
岸田智史(歌手ですな。「君の朝」)
犬養智子(評論家ですな)
島尾敏雄(作家ですな。「死の棘」)
レオポルド・ストコフスキー(指揮者ですな)
五島慶太(実業家ですな。東急の生みの親)
ウラジーミル=ワシーリエフ(舞踏家ですな)
ヨッヘン=リント(元F1パイロット)
アンソニー=デビッドソン(元F1パイロット)
八谷 和彦 (ポストペットの生みの親?)
赤城 徳彦(元農水相)
サミュエル=ハンチントン(文明の衝突の概念を提唱した政治学者ですな)
ミゲル・カブレラ(メジャーリーガーですな)
フランツ・スッペ(作曲家ですな)
巨砲丈士(元相撲取り)
柳家 小さん 〈4代目〉(落語家)
Fayray(シンガーですな)
ジェシカ・チョン(少女時代のメンバー)
松永 二三男(アナウンサーですな)
上野 顕太郎(漫画家ですな)
範田 紗々(元AV女優)
スクリーンヒーロー(モーリスを輩出した人気種牡馬)

○今日が命日の有名人
孔子(すげぇ・笑)
葛飾北齋(すげぇ・笑)
レスピーギ(作曲家ですな)
山本五十六(戦死してます)
夏目鏡子(漱石の奥さんですな)
ジョン=フレミング(フレミングの法則だ・笑)
アルバート・アインシュタイン(すげぇ・笑)
ギュスターヴ・モロー(すげぇ・笑)
ダーウィン(進化論だ・笑)

やっぱり、命日の方がそうそうたる顔ぶれなのは気のせいでしょうか?(笑)

○今日は何の日?
発明の日
よい歯の日
三重県民の日
ジンバブエ独立記念日
東京初空襲があった日
グレース・ケリー、モナコ王妃となる
電子楽器メーカー ローランド設立
お香の日
世界アマチュア無線の日
北条時宗が鎌倉幕府執権になる(今から850年も前だよ・笑)
ヤンキー・スタジアム開場(知らなかった)
サンフランシスコ地震が発生

Wikipediaだとこんな

だそうです。13年連続のコピペです(爆)
ということで、今年もあっさりコレで終わり(笑)


って感じがよーく伝わってくる話ですよね。前日に音声データに関して「あれは事実」と認めておきながら、翌日になって「事実無根」っておかしいでしょ。官僚より上の方で何かがあったに決まってる、としか言いようがない手のひら返しですよ。

で、記事が事実ならその事実に出くわした記者は出て来いってのもおかしい。なんで、財務省の事務次官の潔白を証明するために名乗り出ないといけないのか。逆に言えば、その他人の力を借りない限り身の潔白を証明できないってことじゃないですか。記事にもありますが、出て来なければ報道記事は「事実無根だった」って言い逃れしようとしてるんでしょうが、やり口がえげつないんですよね。

こんなことを繰り返すから、仮に何もしていなかったとしても痛くもない腹を探られるハメになるんですよ。一流大学を出て、高級官僚になって、やってることは国民のためではなく自己保身とは情けない限りです。

まぁ、積極的な見方をすれば、次官は辞めるつもりだったか更迭やむなしと思ってたかもしれないですよね。ただ、ここで辞められると事実であったことを認めるも同然なので、大臣が責任追及される可能性もある。だから、ここは徹底して「事実無根」と言い張るしかない、って構図だったかも知れないです。

実際のところは、きっと誰もが思ってる通り、実際にあったことだけど自己保身と大臣の責任逃れにも手を貸さなきゃいけないってことで、事実と言いながら手のひらを返さざるを得なかった、ってところなんでしょうね。

ここしばらくだと中曽根と小泉が長期安定政権を運営してましたが、大々的な不祥事がなかったからこそ長期政権を務めあげることができたわけで、安倍ちゃんはすでにその資格がないでしょう。もはや政権末期の様相を呈しているので、いずれ身内からも離反者が多数出てくると思いますよ。安倍ちゃんじゃ地方統一選に勝てないと思ってる地方組織も多いでしょうしね。

2020年のオリンピックまでやりたい、そこまでに憲法改正もして名を残したいって気持ちはわからないでもないですが、残念ながら名を残せる有資格者じゃなくなっちゃいましたよね。


ですよね。例えば、弁護士とかが弁護士法人を立ち上げたとすれば自営業ですが、どの会社にも属していないという意味ではフリーランスの延長線上にあるわけです。どっかの会社の顧問弁護士とかをやって、会社から毎月一定額を報酬としてもらっている場合は非正規雇用と言うべきなのかどうなのかって話もあります。

いわゆるフリーランスの定義って、自営業者を除いて自分でいくつかのクライアントを掛け持ちして、出来高報酬をもらう、っていう立場の人を指すんじゃないですかね。まぁ、これも自分で営業して商売やってるんで自営業と言えなくもないんですけど。自営業者ってのは、何かの資格を持っていてその資格で看板を出しているとか、ファミレス、コンビニなんかのFCオーナーなんかってイメージですよね。

まぁ、それでも5人に1人とは結構な数ですね。この記事では、副業としてやってる人もフリーランスに含んでいるので、実際はもっと実数が少ないんでしょうけど。

ワタクシもそういう意味では、出社はしますが正規雇用ではなく、非正規雇用なのでフリーランスと言えばフリーランスの立場ですね。主な収入は会社から入ってきますが、正規雇用されているわけではないので、他に仕事を掛け持ちしても文句は言われない立場に置かれるわけです。

正直なところ、収入が安定すればフリーの方が何かと便利だな、とは思いますね。定年があるわけじゃないし、作業時間は自分の都合で決められるし、やった分だけはとにかく金になるっていう意味では、正規雇用よりも融通が利くし、達成感も大きいような気がします。仕事を選ぶこともできますからね。

ただ、その収入の安定ってのが一番難しい問題で、ボーナスが出るわけじゃないし、とりあえず会社にいれば給料がもらえるってわけでもないし。この記事ではランサーズの調査を元にしていますが、クラウドソーシングって余程上手く時間を使って、大口の案件を安定して維持しない限り、報酬が安すぎて話にならんです。やっぱりちゃんとした企業をクライアントに持って、そこから安定した仕事を請け負わないとフリーではやっていかれないでしょうね。副業でならクラウドソーシングで十分ですが、月に何万円かプラスするのに合わない労働量のことが多いので、割のいい案件の取り合いになりますよね。

ってことで、フリーで本当に食って行くのは相当に大変だってことです。一級建築士とか弁護士、司法書士とかって食える資格の看板があれば自営業としてやっていかれるでしょうが、そんなもんホンの一握りしかいませんからね。


試算がナンセンスです。仮に最初の1台をメルセデスのCクラスに乗ったとして、乗り継ぎ乗り継ぎで同じ車種に乗るわけないじゃないですか。どんだけ気に入ったからってメルセデスのCクラスに都合50年乗るとかナンセンスです。車好きなら絶対に浮気するし、違う車種とかメーカーに気が行くのは当たり前なので、同じ車種を50年乗るとかあり得ない話です。

よって、メルセデスに50年乗れば5500万かかるってのは間違いないんでしょうが、現実にはもっと上下動するはずです。だいたい8年おきに乗り換えるってことになってますが、メンテ費用を計算しない代わりに都内の駐車場代を計算に入れてるのもナンセンス。確かに駐車場が確保できなければ車を買うことすらできませんが、駐車場代を入れるならメンテ費用を計上すべきでしょう。で、月に均して10万はかかりすぎです。年間費用で20万いくかどうかって感じだと思いますよ。

車検代も安いですね。法定費用だけになってるんで14万しかかからないことになってますが、ここでメンテが入るのは間違いないんでもっとかかるはずです。

つまるところ、車を持つのは金がかかるって言いたいんでしょうが、そんなもんは織り込み済みで買うんですよ。家だって借りるにしても買うにしてもランニングコストは半端じゃないじゃないですか。それと同じです。ただ、家はないと本当に困りますが、車は必ずしも困るもんじゃないってだけの差です。

最初の話に戻りますが、メルセデスを8年乗るとおそらくメンテ費用が半端ないと思うんですよね。で、絶対持ちきれないヤツが出てくるに決まってます。車好きだったらメルセデスを上がりの車にしたとすれば、あとは何でもいいやって話になるんですよ。ワタクシもフランス車が好きで、今でも大好きですが、ランニングコストがかかりすぎて持ちきれなくて泣く泣く手放しました。となると、他の車ってどうでもよくなっちゃうんですよね。で、行き着いた先が軽です。金はかからないし生活パターンに一番フィットしてるから。

世の車好きってそんなもんです。だから、この記事は前提条件がそもそも間違ってると言えるでしょう。


何を以て上級者と定義するんでしょうね。細かい機能やら滅多に使わない関数なんかも用意されてるんで、やろうと思えばExcelって本当に何でもできちゃうんですよね。その「何でもできちゃう」を以て上級者なんでしょうか。

滅多に使わない、けど知ってればそれなりに有効に使える場面もある関数とか、VBAが簡単に組めちゃうとか定義しようと思えばどうにでも定義できると思うんですよね。逆に初心者は本当に初心者なので、Excelを開いてセルに文字を入れるくらいしかできないとかって人もいるんじゃないですかね。

ワタクシはExcel扱えますが、関数とかほとんど知らないです。Excel使わないで今までよくやってこれたねぇ、とかって言われることも多々ありますが、出版業界、特に編集の仕事って別にExcel使わなくたって仕事できるんですよ。ついでに言えばWordも要らないし、PowerPointも必要ない。いわゆるサラリーマン的な人たちは企画書を作るのにWordで必死こいて作るんでしょうが、対外的に見せる企画書じゃない限り、編集者はそんなもん作りません。テキストエディターでちゃちゃっと作ってA41枚か2枚くらいのサイズでさっくり作ればOK。

社内プレゼンなんかも別にやらんし、対外的にプレゼンなんてもっとやる機会がないのでPowerPointも使わないんですよ。で、Excelですが、せいぜい使ってもフォーマット化されたファイルで、交通費の精算とかする程度。あと、原稿作るのに表とかグラフとか必要な場合に作るくらいなもんですね。編集者に関数は不要なんですよ。

ってことで、Officeはいじれますが、知ってれば便利的なものは全然知りません。強制的に使わされて何となく覚えた機能もありますけど、進んで知ろうって気にならんのですよね。というか、覚えられないです。実戦で使って「ああ、なるほどね」ってなるくらいで、そこまで行って初めて覚えるみたいな。

まぁ、記事にあるようなExcelを立ち上げようとして、液晶をタッチするとか小数点表示ができないってレベルになると、Excel以前にパソコン使えるようになろうな、って話ですよね。スマホばっかりいじってるとパソコン使えなくなりますからね。というか、スマホの方が圧倒的に不便だと思うんですがねぇ。四捨五入を知らないとかは論外です。小学校からやり直せって感じですかね。


やってます。やってるという自覚を持ってやってます。もはやクセですね。

で、やってるときって記事にもあるようにストレスを感じてるときとか、作業に行き詰まったときとか、手持ち無沙汰だったりヒマを感じたりしてるときですね。

ワタクシの場合は首筋の皮膚をつまんでいることが多いです。あと、福耳なせいもあって耳たぶにできものができやすいんですが、それをいじるんですよね。ニキビを潰して中の芯を出す感覚と同じです。右耳はそれが高じて耳たぶが伸びちゃって紫色に変色するまでなってます。

まぁ、これは皮膚疾患もあるので皮膚科へかかるべきなんでしょうが、自覚症状がないのでわざわざ病院へ行く気にもならんのですよね。首筋も割とできものができやすいんですが、いじる頻度が落ちてるせいか今のところは何もできてないです。

強迫性障害と言われればそうなのかも知れないですが、そこまで深刻な感じでもないんですよね。現状、あまり症状はないものの、抗うつ剤とかも服用していて、それで治ってないのでやっぱりクセになってるだけなんじゃないかなぁ、と。心のあり方を考える前に皮膚科へ行って薬を処方してもらった方がいいんじゃないか、って気がします。現状の症状が治ればいじりクセも治まるんじゃないかなぁとか思ってるんですけどね。

ついでに言えば、他人であれば人前でも割と気にせずいじってたりします。で、友だちとか知ってる人の前だといじることもないんですよね。それは意識していじらないんじゃなくて、いじろうと感じないから、ってとこもあってクセだと思ってます。心療内科にすでにかかってるし、これを申告したからって薬が処方されるかと言われればたぶん変わらないだろうなぁ、とか思ったりするので。

別に罪悪感とかやめなきゃとかって感じはしませんが、やらなければやらないに越したことはないので、いずれどうにかしようかねぇ、とは思ってます。


だって、ビデオテープをありがたがる世代って我々より上の世代ですよ。その世代ですら、録画が簡単で画質がいいブルーレイレコーダーに流れてるんだから、今さらビデオテープに戻ろうなんて人はいないと思いますよ。画質は悪いし、頭出しが面倒だし、おまけに保管にも気を遣わなきゃいけないとかってビデオテープって何一ついいことないですから。

まぁ、ワタクシも確かにVHSのテープ残ってます。30本くらいですかね。デッキもあります。もう10年単位で動かしてないんで、動くかどうかは微妙なところですが、再生環境はあったりします。が、じゃあ再生しようかってなるかって言えばならんです。そもそも何が録画されてるかきちんと管理してなかったこともあって、中身がわからないし、ビデオで観たいものって大抵DVDかBDになってるんで、それを買った方が安いし便利だし画質もいいし言うことないです。

なので、ビデオテープの復権なんてまずあり得ないでしょう。個人的にものすごく大事なコンテンツが残ってるっていうなら需要もあるでしょうが、ごくごく限定的でしょうね。

レコードも最近何やら動きもあるし、アーティストも敢えてのアナログ盤リリースとかやってますけどね。これも戻りたいかと言われればノーです。レコードってマスターソースなんですよね。そこから何か別のメディアに移して聴くのが基本。昔はカセットテープがありましたけど、今はそれに代わるものはないし、再生機器がファイル再生機ですからね。ソニーから1台だけレコードをDSD音源に変えるプレーヤーが出てますけど、そこまでやらない限りはレコードもまぁ使わないですよね。

レコードも残ってます。これも2、30枚くらいあるんじゃないですかね。ただ、多くはCDで買い直してるんで実質的には不要品です。クラシックなら売る手もあるんでしょうが、クラシックを聴いてなかったので、今仮に売っても二束三文で持って行く手間だけ無駄って感じでしょう。さりとて聴くかと言われれば再生機器がないので聴かないんですけどね。

なので、レコードもごく一部の人にしか浸透しないと思いますよ。レコードがおしゃれっておかしいですから。どこがおしゃれなんだか。唯一、デジタルのように信号がカットされてないので、きちんとした再生機があればハイレゾ音源も真っ青な再生ができるってことは確かなんですけど。


どんどんやって欲しいですね。正直なところ、何かって言うとLINEがどうこうって風潮にうんざりしてるんですよ、ワタクシ。

というくらいなので、LINEのアプリ自体は入れてあるし使えるようにもなっていますが、LINEを使うことなんて年に数回あるかないか。自発的にLINEを使うことは皆無です。まぁ、自分がやりたくないってのもありますが、そもそも登録してある「友だち」も少ないので。それも、自発的に登録したわけじゃなく、電話番号から勝手に拾って友だち登録されたってだけのもの。

向こうからLINEでメッセージが飛んでくるわけじゃなし、こっちからもLINEを使う理由ってないので使わないんですよ。何やらいろんなことができるようになってるみたいですが、敢えてLINEを使わなくても他で代用できるものばかりだし、相手とのやりとりもTwitterのDM機能を使えば十分なので、要らないんですよね。

で、ここで3キャリアが改めてSMS機能を強化してくれるならそれでいいんじゃないかと。スタンプとかLINEを意識した余計な機能はまったく不要ですが、実用的に使えるなら優先して使いたいところですね。既読/未読が付くとか要らん機能は不要なんですが。そういう縛りがあるからLINEを使いたくないってところもあるんですよね。読んでないから何だよ、読んだからって返事しなきゃいけないのかよ、って話だし。

LINEと違う方向に進化していって欲しいサービスですね。同じ方向にサービスを進化させたって、LINEから敢えて乗り換えようと思うヤツはほとんどいないでしょうから、違う方向へ進化させてLINEがなくなってくれればくらいまで思ってます。

アニメなんかでもLINEが重要な役割を果たす場面があったりもするんですが、何年か経ってそのアニメを見直した時「ああ、こんなサービスもあったねぇ」くらいになるのが一番だと思ってます。